膝を伸ばすと激痛が…

2018/05/08

こんにちは。エクサカイロプラクティック院の杉本です。

本日も膝の痛みについて、実際に来院された方の例からご紹介します。

 

 

膝を伸ばした時に痛む

先日のことですが、膝を伸ばした時に痛むという男性が来院されました。

痛みを確認すると、ある程度普通に膝を曲げ伸ばしできますが、膝を過伸展(めいいっぱい伸ばす)しようとすると痛みます。関節がぶつかるような、かなり強い痛みということです。

 

ほとんど日常生活で支障はないようですが、ふとした時に痛んだり、絶えず違和感があるようで、かなり気になっているということでした。

 

膝だけをみてはいけない

こういう時に、やはり膝がどういう状態かまず気になりますよね。

もちろん膝のチェックは最初に行うほうがいいでしょう。

痛みが膝の靭帯から起こっているのか、関節なのか、筋肉なのか、

何か炎症や損傷があるのか、そういったことをまず確認しなければいけません。

 

確認する方法は、もちろんカウンセリングを通して症状を確認することも大切ですし、

また触診や整形学検査といった可動域のチェックなどである程度判断することもできます。

(診断するのは法律上でも医師しかできませんので、そこは区別しましょう。)

 

この方の場合、筋肉というよりも、やはり関節上から痛みが起こっているようでした。

 

では、すぐに何か施術をするかというと、そうではありません。

 

確かに膝から痛みが起こっているからといって、膝に原因があるというわけではないからです。

具体的には、足首の関節の問題であったり、骨盤の歪みであったり、反対側の下肢の問題だったり、いろいろな問題が考えられます。

 

足首の関節に不具合あり

 

この方の場合には、足全体がX脚(上図の中央のイラスト参照)といって、膝が内側に入り、足首が外返しに歪んでいる姿勢がみられました。また可動域をチェックしていくと、足首の背屈(持ち上げる動作)の動く範囲が狭いということもわかりました。

 

膝を過伸展させて痛みを再現させたときに、膝だけでなく、足首も同時に硬くなっているのも感じました。

 

そこで、わたしは足首の動きがまず膝の痛みに影響しているのではないかと考えました。

 

足首には距骨(キョコツ)という骨があります。

これはくさびのように足のスネの骨(腓骨と脛骨)の間に挟まっている骨です。

この距骨が後方にもぐり込むように動くことで、足首を反らすことができます。

 

膝を伸ばすときに、わずかながら足首も反らすような動きが伴うことがあります。

この男性ではその足首の関節の動きが悪く、結果として膝を伸ばす動作にも負担がかかっているのではと考えたのです。

 

足首の靭帯を調整すると膝にも変化が…

※イメージ図

 

足首の距骨の動きをスムーズにするために、距骨とスネの骨を結ぶ靭帯が適度に伸びるように調整を加えました。

 

その後すぐに膝をまた過伸展させてみましたが、膝の痛みが明らかに減っているということでした。

 

またさらに足首の動きが問題なくなるところまで調整を続けた結果、先ほどまでの膝の痛みがほぼみられなくなったということでした。

 

実際に、膝を過伸展させての動きをチェックしましたが、最初にみられた関節のひっかかりは感じられませんでしたので、そこでその日の調整を終えました。

 

これは1例で、個人差もありますし、また今後の経過もみていく必要がありますが、何度かお伝えしている「必ずしも痛みのあるところに原因はない」という例だと思います。

 

部分だけでなく全体をみることで、体のバランスもわかりますし、より根本原因に近づいていることができるのかなと思います。

 

エクサカイロプラクティック院

杉本

 

 

 


関節の痛み でお悩みのみなさん、ぜひお問い合わせください!

エクサカイロプラクティック柏

エクサカイロプラクティック院
〒277-0852 千葉県柏市旭町1-4-16 前澤第2ビル3F

04-7142-1411

からだマネージメントをフォロー

ブログ著者

エクサカイロプクティック院

代表

杉本栄武(すぎもとえいぶ)

豪州立RMIT大学日本校卒業。WHO国際基準カイロプラクター。日本カイロプラクターズ協会・正会員。オリンピックやトライアスロン世界大会などで公式療法として認められた「アクティブリリーステクニック」(ART)正規プロバイダー。

PAGE TOP