足首を捻挫したらどんなケアが必要?

2018/05/10

 

こんにちは。エクサカイロプラクティック院の杉本です。

 

ふとしたときに、「足首を捻挫してしまった」なんていうことはありませんか?

サッカーやバスケットボールなどのスポーツをしている最中であったり、

日常生活でも歩行中、階段の上り下り、そんななかでも足首を捻挫してしまうことがあるかもしれません。

 

先日も、サッカーをしていて捻挫をし、それから2ヶ月経ってもまだ痛むという男性が来院されました。そんな時にどのようなケアが必要かという質問がありましたので、今日はそのことについて投稿させていただきます。

 

 

捻挫とは

一般にいう足首の捻挫とは、足首の靭帯を無理に伸ばしてしまい、組織の損傷が起こっている状態のことです。その多くは内反捻挫といい、足が内返しの状態でひねってしまう動作(足裏が内側に向く)で損傷が起こります。

 

 

このような動作での捻挫は、主に足首の外側の靭帯(前距腓靭帯、踵腓靭帯、後距腓靭帯)が伸び、痛めてしまいます。

また捻挫では靭帯にばかり注目がいきますが、筋肉にもダメージが残り、この場合ではふくらはぎ外側の腓骨筋という筋肉なども同時に痛めることが多いです。

(腓骨筋には、長・短腓骨筋、第三腓骨筋とあります。)

 

 

足首の捻挫に必要なケアとは

このような足首の捻挫のケアとしては、

①冷やす、②固定、③安静が一般的な対処法です。

 

確かに、捻挫を起こしてしまった直後はこのようなケアが必要です。

まず組織の炎症により腫れが起こりますので、それを抑える必要があるからです。

しかし、これだけでは不十分なことがほとんどでしょう。

 

 

痛めた靭帯や筋肉の適切なケア

なぜなら、このままでは治癒の過程で、痛めた靭帯や筋肉が硬くなり、組織の癒着が起こってしまいます。これは腫れがひいても痛みが取れないという原因にもなりますし、また硬くなることで足首がいままでのようには動かなくなりますので(可動域の減少といいます)、それをかばってまた別の問題が出てくることもあります。

 

何年後かに腰痛になって、それが以前の足首の捻挫の影響ということも考えられますね。

 

ですから、きちんと痛みだけでなく、靭帯や筋肉が以前のように伸び縮みしているかどうか、確かめる必要があります。また十分に伸び縮みしなかったり、靭帯が緩くなっている場合には、そのための対処が必要です

 

当院では、主にアクティブリリーステクニック(ART)という筋膜リリースを使って調整をしますが、効果があればなんでもいいと思います。

 

(なんでもいいと思いますが、保険の効く電気治療をただ受けるだけでは十分ではないでしょう。)

 

 

体を全体的にみてバランスをチェック

また、捻挫をしてしまった原因にも目を向けるといいでしょう。

もしかしたら、足底のアーチの問題(偏平足など)や、膝の関節、骨盤の歪みなどによって、足首の捻挫を起こしやすい状態にもともとあったのかもしれません。

 

「捻挫はクセになる」なんていうこともしばしば耳にしますが、一度の捻挫によって、捻挫を起こしやすくなる骨格上の問題が起こることも珍しくありません。

痛めた足首だけでなく、体を全体的にチェックすることも大切なように思います。

 

最後に

捻挫を起こしたらすぐにそのような観点でケアをしてくれる専門家のところに行くようお勧めしますが、もしかしたら捻挫だけで整体やカイロプラクティックに行くという人は少ないかもしれませんね。

 

その場合でも、少なくとも3週間経っても痛みが残るというなら、きちんと痛めた組織が回復するプロセスに至っていないはずです。それをひとつの基準にしてみてもいいでしょう。

 

 

エクサカイロプラクティック院

杉本

 


関節の痛み でお悩みのみなさん、ぜひお問い合わせください!

エクサカイロプラクティック柏

エクサカイロプラクティック院
〒277-0852 千葉県柏市旭町1-4-16 前澤第2ビル3F

04-7142-1411

からだマネージメントをフォロー

ブログ著者

エクサカイロプクティック院

代表

杉本栄武(すぎもとえいぶ)

豪州立RMIT大学日本校卒業。WHO国際基準カイロプラクター。日本カイロプラクターズ協会・正会員。オリンピックやトライアスロン世界大会などで公式療法として認められた「アクティブリリーステクニック」(ART)正規プロバイダー。

PAGE TOP