整体・カイロの視点から選ぶベッドマットレス

2018/04/06


エクサカイロプラクティック院の杉本です。

当院にお見えになる方からしばしば、
「どういった寝方が体にとっていいんですか?」
という質問を聞かれます。

仰向け、横向き、うつ伏せとありますが、
わたしは「どういった姿勢で寝るかよりも、
寝返りをよく打っているかどうかを気にかけるといいですね」
と答えます。

背骨は1日中、重力という負担にさらされています。

絶えず、背骨の関節や椎間板に圧が加わり、それが骨格の歪みの主な原因ともなります。

横になって寝ている時間は、背骨が重力による圧迫から解放される貴重な時間です。

また重力のあまりかからない睡眠中に寝返りを打つことで、背骨が少しずつ正しい位置に戻ると考えられています。
これもある意味では人間の身体に備わっている自然治癒力のひとつと言えるでしょう。

ですからベッドマットレスを選ぶときには、
寝返りを打ちやすいかどうかを基準に選ぶことをお勧めします。

また背骨への負担を減らすために、

①体圧分散性、②通気性、③耐久性も考えなければいけません。

④価格帯、これも重要ですよね。

これらすべての要素を満たす1番良いという商品は、残念ながらありません。

なので、どこをより重視するか、実際に体験しながら自分で決める必要があります。

 

お勧めは、低反発の素材よりも高反発の素材です。

低反発の素材はショックを吸収するため、深く包み込まれている感覚はあるのですが、
寝返りをしにくいものが多いからです。

その点、高反発の素材は、身体の動きに反発することで、スムーズな寝返りを誘導してくれるものが多いです。

高反発性のものでもいくつか種類があります。

個人的にはウレタン素材よりもエア系素材と呼ばれているものが、今現在は良いように思います。ウレタン素材のものは、厚みがあるとどうしても通気性が悪いため、熱がこもってしまうからです。(熱のこもりにくいタイプもあり、それは後述します。)

その点、エア系素材は通気性が格段にいいですね。反発性だけでいうと、ウレタン素材のもので良いメーカーもありますが、通気性を含めて総合的に考えると、やはりエア系素材がいいかなと思います。

 

エア系素材とは、釣り糸をからめたような構造をしています。

有名なものでは、浅田真央さんが広告にでているエアウィーブがそうですね。

エアウィーブはどちらかというと高額の価格帯の商品ですが、アイリスオーヤマや、ライズというメーカーでは、低価格帯のエア系素材を取り扱っています。もちろん厚さが違うなど、安いにはそれなりの理由がありますが、参考にはなると思います。

ここではわたしが特にお勧めする、エア系素材のマットレスをご紹介します。

◆MAゴールドマン(株式会社ウィドゥ・スタイル:旧称,大塚家具製造販売会社)

大塚家具というと、以前お家騒動でワイドショーをにぎわしたIDC大塚家具を思い浮かべる方も多いかもしれませんが、この会社は全く別の会社です。どうやら大塚製薬系列の会社のようですね。

ここでは有名なエアウィーブとほぼ同じ素材であるエアループというものを使って、マットレスをいくつかのタイプで作っています。聞いたところによると、エアウィーブよりも、エアループのほうが先に作られたようです。

エアウィーブは、浅田真央さんがCMに出ていて、広告にかなりお金をかけていることがうかがえます。そのため、上位商品を買うと、30万円以上するようなものもあり、その価格がネックだったりするわけですが、エアループではそれよりはお得に購入することができます。

またエアウィーブは硬さが苦手という方もいるようですが、MAゴールドマンという商品は、厚さ20㎝のエアループ・マットレスのうえに、厚さ8㎝のラバーフォーム(天然ゴム製の柔らかなマット)が敷かれているので、とても柔らかな寝心地をしています。

カバーも銀繊維が織り込まれ、静電気を抑える効果があるうえに、見た目も高級ホテルのような豪華な出来栄えをしています。

価格はシングルサイズで税込118,800円ですが、同じ20㎝圧のエアウィーブですと、21万円はしますし、エアウィーブにはラバーフォームのようなクッションはついていません。

またMAゴールドマンは腰やマットレスの淵は硬く、肩や足は柔らかくと、それぞれの場所に合わせて硬さを変えて作っています。
エアウィーブのベッドマットレスでは、すべて均一の硬さのものしかありません。
(布団の上に敷く薄いタイプのものでは、同じように硬さを変えているものはあります。)

こういったいくつかの点で考えても、個人的にエアウィーブとMAゴールドマンでは、

後者のほうがおススメであるように思います。

 

エアウィーブの優れている点もご紹介しておきましょう。それは3年保証がついているという点です。

万一、この期間にへたりを感じたら、高確率で無償で交換してくれるそうです。

 

またMAゴールドマンのもう1点の難点は、お試しできる場所がほとんどないということです。

先日調べたところでは、関東でもRoom Decoかねたや家具の幕張新都心店にしか体験できる場所がないようです。
また、MAゴールドマンには、ハードタイプとソフトタイプがあります。個人的には成人男性でもソフトタイプが良いように思うのですが、かねたや幕張新都心店には、ハードタイプのみしか置いていないようです。ソフトタイプを体験するにはどうしたらいいのか、、、悩ましいところですね。

※2018年4月20日(金)~22日(日)に幕張メッセで行われる、かねたやの家具メッセバザールというイベントでは、MAゴールドマンのソフトタイプが展示されるようです。

topテスト

3日間だけではありますが、この機会に体験されるといいのではないでしょうか。
(実際に置いてあるか、事前にご自分でご確認ください。)

このように難点もありますが、MAゴールドマンは、

①体圧分散性、②通気性、③耐久性、④価格帯の面で、かなりおススメかなと思います。

※耐久性については、メーカーは耐用年数など明確にしていません。
販売店では、7年とか、10年とかスタッフによって異なる答えが返ってきますので、実際のところはわかりません。
これについてはこのメーカーに限らず、エアウィーブやそのほかのメーカーでも同じく明確なことは言ってくれないので、自分で決めるしかないというのが現状です。

 

◆&freeマットレスSA(東京西川)

エア系素材ではないのですが、もうひとつお勧めのマットレスをご紹介します。

東京西川は古くからある寝具メーカーです。「ムアツふとん」というぼこぼことした点で身体を支えるマットレスを作ってきました。

これが最近ではパッケージを変えて、スタイリッシュな見た目の「Air」(エアー)という商品が売られています。野球の大谷翔平選手や、サッカーのネイマール選手、三浦知良選手がCMに出ています。

以前これを体験してみたところ、腰の負担が本当に感じられず、寝心地は最高だと感じました。

しかし、ウレタン素材のため、通気性がよいとはいえず、暑苦しさを感じてしまいました。それでやはりウレタン素材はあまりお勧めできないなと思っていたのですが、上位タイプの製品をまた試してみたところ、ウレタン素材にスリットを多くいれており、通気性がかなり改善されていました。

またAirは耐久性に不安があるような作りだったのですが、全く同じ形状で、これよりも耐久性のある「&freeマットレスSA」という製品が新しくでてきました。こちらはアイススケートの羽生選手がイメージキャラクターを務めていますね。

ちなみに、わたしはこちらの&freeにカーボン(炭)を練りこみ、さらに耐久性をあげた「&free

整圧敷きふとん」という製品を購入しています。

でこぼこした形状で、点で身体を支えるので、血の流れを妨げない効果もあるそうです。

通用の&freeマットレスSAは、レギュラーとハードという2種類の硬さがあり、それぞれ厚さ9㎝です。硬いボンネルコイルマットレスの上に敷いて使います。

シングルサイズではレギュラーでは税込97,000円、ハードは108,000円です。

カーボンを練りこんだものは、これよりまたもう少し価格はアップします。

東京西川ではややこしいことがあり、直営店でもいくつか種類があるようです。その直営店によっては、取り扱っている商品が違いますので、お試ししたい方は、来店前にどのような製品が置いてあるか確認してもいいかもしれません。

こちらも耐久年数はやはりはっきりしたことはメーカーは教えてくれません。販売店のスタッフに確認すると、7,8年、もしくは10年と、スタッフによって言うことがやや違います。

他にもいろいろと寝具メーカーはありますが、今回はその中でカイロプラクターであるわたしが実際に試して、良いと思った商品を2つご紹介しました。参考にしてみてください。

エクサカイロプラクティック院

杉本

 


でお悩みのみなさん、ぜひお問い合わせください!

エクサカイロプラクティック柏

エクサカイロプラクティック柏
〒277-0852 千葉県柏市旭町1-4-16 前澤第2ビル3F

04-7142-1411

からだマネージメントをフォロー

ブログ著者

エクサカイロプクティック柏

代表

杉本栄武(すぎもとえいぶ)

豪州立RMIT大学日本校卒業。WHO国際基準カイロプラクター。日本カイロプラクターズ協会・正会員。オリンピックやトライアスロン世界大会などで公式療法として認められた「アクティブリリーステクニック」(ART)正規プロバイダー。

PAGE TOP