妊娠中のケアならお任せ!産後の骨盤矯正もしています。

reason6
エクサに口コミだけで妊婦さんが来院される理由
  • 妊娠初期~出産直前まで、いつでも施術を受けられます。
  • ソフトな施術で身体への負担がありません。
  • お腹が大きくなった方でも、うつ伏せで施術が受けられます。
  • 身体の変化を実感されています。
  • 日常生活を改善するアドバイスが受けられます。
  • 駅から徒歩2分で、アクセスも簡単!
  • 産後の骨盤矯正などアフターケアも充実!
まずは妊娠による身体の変化を知ることが大切です。
ホルモンバランスの変化

妊娠すると、数週間のうちに体内のホルモンバランスに変化が起こります。そして子宮の成長が促進され、乳腺が発達していきます。少しずつ出産へと身体の準備を整えていくのです。このような変化は必ず必要ですが、これには身体にとって良いことだけではありません。腰痛など身体の痛みの原因にもなることがあります。例えばリラキシンというホルモンをみてみましょう。

リラキシンは妊娠3ヶ月~産後2,3日(数ヶ月のこともある)まで分泌されるホルモンです。このホルモンには全身の関節や靭帯を緩める作用があります。なぜこのホルモンが必要かというと、狭い産道を赤ちゃんがスムーズに通れるように、お母さんの骨盤を広げる必要があるからです。

しかし関節があまり緩み過ぎると、それを支える筋肉や他の関節への負担が増えてしまいます。その結果、痛みが起こるというわけです。特に腰痛は妊娠中に起こりやすい症状のひとつです。

体重増加による姿勢の変化

次に妊婦さんに起こる特徴的な変化は、体重の増加です。これは胎盤が作られて子宮が広がることや、中にいる赤ちゃんが大きくなることによる自然な変化とも言えますが、食事内容の変化にも大きく影響されます。

日本では多くの産婦人科医の先生が、この体重管理を厳しく行っています。これは難産となるのを防ぐためだと言われています。担当医により多少異なりますが、多くは7~10kg以内の体重増加で抑えるようにと指導されているようです。

※昔から太りすぎると難産になると言われますが、実際には、そのようなケースは少ないそうです。それでも帝王切開や血栓症などが起こる可能性もゼロではないとのこと。特にもともと肥満傾向にあったという方は、より厳しく指導されています。

体重の増加によるリスクはこれだけではありません。妊婦さんでは体重が増加し、お腹が大きくなると、身体の重心が前にズレていきます。それにより腰の後方にかかる圧力が高まり、腰痛などの症状を引き起こしやすくなるのです。

妊娠中に起こりやすい症状
腰痛、肩こり、頭痛、股関節痛、坐骨神経痛、手のしびれ、脚のむくみ、吐き気、慢性疲労…etc
身体のケアなら私たちにお任せください!筋骨格の専門家があなたを担当します。

世界保健機関(WHO)の定める教育基準をクリアした正規カイロプラクターは、2万人を超える全国のカイロプラクティック従事者の中でもわずか3%!エクサカイロは全てのスタッフがWHO基準をクリアした専門家チームです。

院長:杉本栄武(えいぶ): “学び、行い、人格を築く”これがモットーです。勉強が趣味のカイロプラクター。とにかく学ぶことには貪欲。それで得た知識を、施術や生活指導でも役立てています。また現在2児の父として子育てにも奮闘中。良き夫、父親であることを第一にしています。

JAC(一般社団法人・日本カイロプラクターズ協会)のロゴ

エクサカイロプラクティック柏は,JAC認定施術院に指定されています。WHO加盟団体であるWFC(世界カイロプラクティック連合)。その日本代表団体がJAC(一般社団法人・日本カイロプラクターズ協会)です。カイロ業界が厳しい自主規制を行うことで、誰でも安心してカイロプラクティックを受けられるように働きかけています。また将来的な日本でのカイロプラクティック法制化を目指しています。

ブックマークに追加
  • インターネット予約24時間受付
  • お問合せはこちら
頭痛 神経痛 スポーツ障害 不妊
  • JAC
  • JAC認定治療院国際基準のカイロプラクティック
  • からだマネージメント
エクサカイロプラクティック柏 エクサカイロプラクティック柏
受付時間
平日10:00~20:00
土曜10:00~17:00
定休日
日曜・水曜・祝日
所在地
〒277-0852
千葉県柏市旭町1-4-16
前澤第2ビル3F-B
柏駅より徒歩2分
  • アクセスマップ
  • 施設紹介
  • 施術を受けた方の喜びの声
  • スタッフブログ
  • 姿勢測定システム
メディア掲載
R25
『R25』No.280
栄武先生監修の「アタマ・指がこる人もいるらしい…僕らを襲う“コリ”の正体とは?」の記事が掲載されました。
柏Walker
『柏Walker 2012-2013年度版』
当医院が掲載されました。
このページの上へ戻る