スタッフ紹介

staff

杉本栄武(すぎもと えいぶ)


当院には、⻑年にわたり慢性的な症状に悩んでいる方が多く来院されています。いろいろとお話をお聞きしていると分かったことがあります。
それは、どうやったら本当に良くなるのか、どういう⽣活を送ったらいいのか、痛みの原因などきちんと理解したい、そのように考えている方が多いということです。

わたし⾃身、⾼校生の頃に椎間板ヘルニアを患ったことがあります。その時も何件もの病院や治療療院をめぐりました。
しかし、痛みが良くならないばかりか、痛みの原因など納得する説明を聞くことはできませんでした。それによって、今後どうなるのだろうという不安が募る⼀方でした。

そういうこともあり、わたし⾃身も施術を⾏うときには、身体の状態や施術方針など、納得できる説明を常に心がけています。

わたしがただ⼀方的に施術するのでなく、受けられる方にもきちんと理解していただくこと、それが双⽅の信頼関係にもつながると思っています。

気になっていること、不安に感じていること、何でもよいので、ぜひお気軽にご相談ください。

代表:杉本栄武(えいぶ)
“学び、行い、人格を築く”
これがモットーです。

勉強が趣味のカイロプラクター。
とにかく学ぶことには貪欲。それで得た知識を、施術や生活指導でも役立てています。
また現在2児の父として子育てにも奮闘中。良き夫、父親であることを第一にしています。

杉本栄武

学位・資格等

  • 応用理学士(医科学) Bachelor of Applied Science (Clinical Science)
  • カイロプラクティック理学士 Bachelor of Chiropractic Science

経歴

2000年 ロイヤルメルボルン工科大学(RMIT大学)
日本校 カイロプラクティック学科入学
2003-2005年 九州・沖縄地方でのボランティア活動従事のため、一時休学
2005年 RMIT大学・新橋外来センターにて臨床研修開始(施術業務)
2007年 RMIT大学日本校 カイロプラクティック学科卒業
卒業研究「固有感覚入力が及ぼす内分泌系への影響‐唾液コルチゾールレベルマネージメント」
(同研究は徒手医学会 第9回学術大会でも発表)
症例報告「慢性疲労症候群および線維筋痛症患者のマネージメント」他
スパイナルケア用賀勤務(運営:株式会社西南メディヴァ)
2008年 ハプティカイロプラクティック浜松町勤務
2009年 エクサカイロプラクティック柏開業

備考

日本カイロプラクターズ協会(JAC)正会員

出身

1980年岡山県生まれ(中学以降は千葉県いすみ市にて育ちました。)

あいさつ

私は高校時代にバスケ部に所属し、ハードな練習から腰やひざを傷め、椎間板ヘルニアとの診断を受けたこともありました。そのため整形外科や整骨院、また整体など色々な治療法を試し、腰痛に効くという体操も行ってみました。しかし痛みが完全にとれるということはなく、痛みの原因は何なのか、これ以上良くなることはあるのかと不安でした。

カイロプラクティックとの出会いは高校卒業後で、ある先生の施術を間近で見る機会がありました。手だけを用いて身体を調整するその技術と、豊富な知識に感銘を受け、これならば同じように痛みに苦しむ人を助けられると感じました。そして自分もそのような仕事がしたいと思いました。

その後、国際的な認可を受けたカイロプラクティック専門大学で5年間学び、卒業後もいくつかの専門院で臨床経験を積んでいきました。私は器用に技術習得ができるタイプではありませんでした。それでも努力し学び続けた結果、皆さんの健康回復のお役に立てるだけの技術を身につけることが出来ました。

あなたのお悩みや症状解決にもきっとお役に立てることと思います。悩む前にぜひご相談ください。

ブックマークに追加
  • インターネット予約24時間受付
  • お問合せはこちら
頭痛 神経痛 スポーツ障害 不妊
  • JAC
  • JAC認定治療院国際基準のカイロプラクティック
  • からだマネージメント
エクサカイロプラクティック柏 エクサカイロプラクティック柏
受付時間
平日10:00~20:00
土曜10:00~17:00
定休日
日曜・水曜・祝日
所在地
〒277-0852
千葉県柏市旭町1-4-16
前澤第2ビル3F-B
柏駅より徒歩2分
  • アクセスマップ
  • 施設紹介
  • 施術を受けた方の喜びの声
  • スタッフブログ
  • 姿勢測定システム
メディア掲載
R25
『R25』No.280
栄武先生監修の「アタマ・指がこる人もいるらしい…僕らを襲う“コリ”の正体とは?」の記事が掲載されました。
柏Walker
『柏Walker 2012-2013年度版』
当医院が掲載されました。
このページの上へ戻る