カイロプラクティックとは ー健康との関係ー

health

カイロプラクティックは健康にどう関係するの?

「健康とは身体的・精神的・社会的に完全に良好な状態であり、単に病気あるいは虚弱さがないというだけではない。」(世界保健機関)

健康とは何でしょうか?健康は心と体のバランスのとれた良い状態のことです。そして「運動」・「栄養」・「休息」の3つの柱で支えられています。背骨の機能は、この3つ全てに関係しています。

背骨は身体を動かす筋肉の土台です。背骨がしっかり支えることで、身体も正しく動きます。 背骨は自律神経を介して、内蔵の働きにも影響を及ぼすことがあります。 良質の睡眠をとるには寝姿勢も重要です。背骨はこの寝姿勢にも影響します。

現代人は偏食やストレス、睡眠不足などの不規則な生活習慣により、心と体のバランスがくずれがちです。さらに不良姿勢やアンバランスな身体の使い方により、背骨に歪みが生じます。そして病気ではない状態、すなわち半健康、もしくは未病といわれる状態がみられるようになるのです。

カイロプラクティックは自己回復力を引き出す施術法です。

カイロプラクティックでは背骨や骨盤など筋骨格のバランスを調整していきます。これには背骨の中を通る神経の流れを整える目的もあります。それにより自己回復力が改善・向上すると考えられているからです。カイロプラクティックは腰痛や肩こりなどの症状をお持ちの方だけでなく、特に症状がないという人にもお勧めです。自己回復力の向上は、日々の健康増進やパフォーマンスの向上につながるからです。アメリカなど欧米諸国では、カイロプラクティックは予防の医学と呼ばれており、症状の予防面でも活躍しています。

より良い健康は、より良い姿勢(背骨)から。

私たちはカイロプラクティックを通じて、皆様の健康ある毎日を築くお手伝いができればと考えています。

カイロプラクティックケアの3つの段階

カイロプラクティックの施術は大きく3段階に分けられます。エクサでは施術前にしっかりと検査を行い、皆様の状態が現在どの段階にあるか分析しています。最終的にどの段階までケア を行うかは、皆様のご希望に合わせて行っています。

〈集中ケア期〉通う頻度の目安:2~3回/1~2週

症状の緩和、改善を目的とする初期の段階です。そのために期間を詰めて通っていただくことが必要な場合もあります。また各種症状の程度、年齢、生活習慣によっては、症状の解消に至るまでに数週間~数ヶ月かかることもあります。エクサカイロでは早期回復、早期復帰を目標に施術計画を立てていきます。

〈機能回復ケア期〉通う頻度の目安:1回/1~2週

痛みなど初期の症状が解消されても、筋肉や関節の機能に障害が残っている場合があります。この段階では背骨の歪みも戻りやすい状態です。ここからカイロプラクティックケアを継続することで、さらに背骨や骨盤の歪みが戻りにくくなっていきます。また歪みの原因となる日常生活の改善や、ストレッチなどのエクササイズを行うことにより、根本的な改善を図ることも大切です。

〈メンテナンスケア期〉通う頻度の目安:1~2回/1~2ヵ月

症状が改善し、良い状態が維持できるようになってからも、カイロプラクティックは身体のバランス調整に有効です。特に腰痛や肩こりなど慢性的な問題の場合、まだまだ日常生活の根本的な原因が解決されていないことが多いので、そのような方にメンテナンスケアをお勧めしています。

定期的にカイロプラクティックを受けることで、小さな問題が深刻化するのを防ぎ、症状の再発予防に努めることができます。また症状が再発した際の治療にかける時間や費用を考えると、メンテナンスは金銭的な節約にもつながります。カイロプラクティックにより姿勢や背骨の状態を整えることで、毎日の健康増進にもつながります。アスリートの方などのパフォーマンス向上にもなるでしょう。

健康・不健康、半健康、健康

ブックマークに追加
  • インターネット予約24時間受付
  • お問合せはこちら
頭痛 神経痛 スポーツ障害 不妊
  • JAC
  • JAC認定治療院国際基準のカイロプラクティック
  • からだマネージメント
エクサカイロプラクティック柏 エクサカイロプラクティック柏
受付時間
平日10:00~20:00
土曜10:00~17:00
定休日
日曜・水曜・祝日
所在地
〒277-0852
千葉県柏市旭町1-4-16
前澤第2ビル3F-B
柏駅より徒歩2分
  • アクセスマップ
  • 施設紹介
  • 施術を受けた方の喜びの声
  • スタッフブログ
  • 姿勢測定システム
メディア掲載
R25
『R25』No.280
栄武先生監修の「アタマ・指がこる人もいるらしい…僕らを襲う“コリ”の正体とは?」の記事が掲載されました。
柏Walker
『柏Walker 2012-2013年度版』
当医院が掲載されました。
このページの上へ戻る